2020年10月29日木曜日

「大運、年運、命と囚獄が重なり、更に強烈になる冲も年運にあるので要注意の年でした」伊藤健太郎さんの運勢

 乗用車でバイクと衝突する事故を起こし2人けがと報じられた伊藤健太郎さんですが、2020年の年運自体は悪くはないですが、大運、年運、命と囚獄が重なり、更に強烈になる冲も年運にあるので要注意の年でした。

更に2021年もトリプル囚獄と羊刃が重なるのでホントに要注意です。

今さら言ってもなんですが、年運が良くっても吉凶星に囚獄や血刃があり、冲や羊刃がある場合は気を付けるべきです。



2020年10月26日月曜日

「来年2021年はけじめのつくタイミングの年」鈴木大地さんの運勢

 千葉知事選に立候補へと報じられた鈴木大地さんですが、来年2021年はけじめのつくタイミングの年で、今までの状態から新たな道へ踏み出す時であると言えます。

やる気、エネルギーにもあふれる時期です。

ただし、病気、怪我には要注意です。

更にプライベートも要注意。周囲の人間にも気配りが必要です。



2020年10月23日金曜日

「2020年2月3日までの年運には結婚運がありました」岡村隆史さんの運勢

 結婚と報じられた岡村隆史さんですが、2020年2月3日までの年運には結婚運がありました。

まあ、ちょっとズレてしまいましたが、そのころに出会いがあったということにしましょう。

ちなみに岡村隆史さんの配偶者運はかかあ天下になるということです。つまりその方がうまくいくということです。



2020年10月16日金曜日

「2022年がけじめのつくタイミングです」斎藤佑樹さんの運勢

 日本ハム2軍で中継ぎで1回持たず5失点KOにぼう然自失と報じられた斎藤佑樹さんですが、2022年がけじめのつくタイミングです。

来年2021年は謙虚に振舞うことができれば何かしらの成果が得られることになります。勿論、それは野球とは限らないです。



2020年10月13日火曜日

「2021年が要注意の年で、守りに徹して、自分、家族、仕事を守るべき時です」加藤浩次さんの運勢

 肺炎の疑いで入院と報じられた加藤浩次さんですが、今年は大丈夫ですが、2021年が要注意の年で、守りに徹して、自分、家族、仕事を守るべき時です。

更に2021年は年運に「血刃」「冲」があり、大運、命の「囚獄」と重なりますので、病気、怪我などで入院の可能性もあります。

少し先になりますが、2026年8月に30年の大きな運の節目(接木運)があります。この時期は今までの生き方を変えざるを得なくなることになります。


「2020年は偏官でさらに大運、年運と冲がダブル年でした」森川正太さんの運勢

 12日に死去されたことが報じられた森川正太さんですが、2020年は偏官でさらに大運、年運と冲がダブル年でした。

今月の月運も比肩つまり物事に結論が出るタイミングでした。

ご冥福をお祈りします。


2020年10月8日木曜日

「2020年はちょっと抑制がききにくい状態かもしれません」石原さとみさんの運勢

 デイリー新潮で結婚の裏で個人事務所「SK」を設立したと報じられた石原さとみさんですが、2020年はちょっと抑制がききにくい状態かもしれません。年運十二運も「帝旺」ですし、「羊刃」も「駅馬」もあるし、独立も必然かも。

石原さとみさんで印象に残っていたのはちょっと前になるけど「シン・ゴジラ」で「かの国」の大統領特使役ですね。

最初のシーンではちょっと違和感ありだったけど、良かったですね。


2020年10月5日月曜日

なんだか今朝は厚木基地の航空機のアイドリング音?が

 時事ネタというか、近所ネタですが、家&オフィスから4kmほど離れた厚木基地。

めっちゃすごい騒音の艦載機、戦闘機が岩国に引っ越ししてから、耳を塞ぎたくなるような騒音は少なくなりましたが、エアコンを切って窓をあける季節になり、そこそこ気になります。

今の家は防衛施設庁の防音工事済なので、窓を閉めれば、テレビの音も通常音量でちゃんと聞こえますが、輸送機でも真上を飛ばれるとそこそこ五月蠅いです。

歳がばれちゃいますが、ベトナム戦争末期の北爆の時は、相模大野の米軍病院と厚木基地の間のヘリ航路の真下に自宅があったので、大型ヘリが超低空で飛ぶと、テーブルの上のグラスが倒れるくらいの振動がありました。

小学校のころですが、軍用機、軍用ヘリの音は何十年たっても結構トラウマになっています。


「2022年7月に30年の大きな運の節目(接木運)があります」山本亮太さんの運勢

 賭博行為で契約解除となった山本亮太さんですが、2022年7月に30年の大きな運の節目(接木運)があります。この時期は今までの生き方を変えざるを得なくなることになります。

また、2024年は新規着手のタイミングですので、キチンと自覚して臨むことが大切です。

いくら運勢鑑定でよいタイミングであると出ていても、本人の自覚がなければどうにもなりませんし、逆の結果を招くことになります。


「2020年は良い意味の比肩の年で状況を変える改革の年のはずでした」高田賢三さんの運勢

 新型コロナウイルス感染で死去と報じられた高田賢三さんですが、2020年は良い意味の比肩の年で状況を変える改革の年のはずでした。

時柱が不明で3柱で鑑定していますので、敢えて突き詰めて考えることはしません。

ご冥福をお祈りします。


ブログ アーカイブ