2021年1月5日火曜日

先天運をみると外面は不思議ちゃんですが、本質は保守的で臆病である★鈴木奈々さんの運勢


文春オンラインで特集された鈴木奈々さんを鑑定してみます。

既に登録をしてあるので、履歴一覧から呼び出します。

2021年2月は中心星「食神」年運結果運「偏印」です。

年運のタブをタップしてコメントを確認してみます。
「骨折り損の年」「浪費や無駄の多い年」などとあります。

次に大運のタブタップしてみます。
大運は2019年7月に変わっています。現在の大運は

「油断さえなければ、利益が増える年」「引き立て運の強い時」「海外に縁を持つこと、趣味を伸ばすことも吉をもたらす」とあります。

今までのテレビなどの仕事以外にネット関連、YouTubeなどにも本腰を入れた方が良いのかもしれません。

身旺身弱は季節による身旺身弱は「身弱」中心星による身旺身弱も「身弱」の「超身弱」です。

「超身弱」なので、事務所や組織を離れては1人で活動をすることは難しいです。

では、今回は鈴木奈々さんの先天運も少し見てみます。

月支元命のタブをタップします。
月支元命のコメントは
「可愛げ、楽天家」「何事にも円満さを発揮し可愛い気である。楽しいことが好きで、平凡なことや好きでないことを我慢してやることは出来ない。」

手法のコメントは
「根は保守的で、リスクを恐れる。」「好きなことや好きな人に出会うとドップリはまり、のめり込む。この習性を生かすのも良い。」

処世術・個性のタブをタップしてみます。
処世術は
「常に自由奔放に動き回り、自分の生活に満足せずより大きなものを掴み取ろうとする姿勢が見える。」「人を魅了する独特の才能を持ち、何か不思議な雰囲気をかもし出す。少し風変わりな人である。」
などとあります。

先天運をみると外面は不思議ちゃんですが、本質は保守的で臆病であるように思えます。
2019年7月から変わった大運では海外に縁を持つことや趣味的なことをするなどが吉をもたらすとありますが、いまの仕事へのスタンスを変えて新しい分野へ踏み出す時期であると考えられます。

2023年(年運結果運「比肩」)にはいろんなことに結論が出て、出直しをすることになりそうです。

それまでにいろいろと試してみることも良いかもしれません。



ブログ アーカイブ